2017年2月23日木曜日

「物言う軍人」。軍人としてのマクマスター新大統領補佐官

辞任したマイケル・フリン国家安全保障担当大統領補佐官の後任として、H.R.マクマスター陸軍中将が指名されたことが報じられています。

【ワシントン=黒見周平】トランプ米大統領は20日、新たな国家安全保障担当大統領補佐官にハーバート・マクマスター陸軍中将(54)を充てると発表した。
前任のマイケル・フリン氏はロシアとの密約疑惑で就任から1か月足らずで更迭された。トランプ氏は外交・安全保障の司令塔が空席となった異例の事態を早期に解消するため、米軍内で評価の高いマクマスター氏を起用したとみられる。

同じトランプ政権の要人では、先日来日したジェームズ・マティス国防長官は、「狂犬(Mad Dog)」「戦う修道士」との呼び名も相まって話題でしたが(「狂犬」の呼び名については、拙稿「マティス国防長官、「狂犬」呼称は適切?」を参照頂きたい)、マクマスター中将もなかなか興味深いキャリアと個性の持ち主の人物です。

トランプ政権の動向を世界中が注視している中、アメリカの外交・安全保障に大きな影響を及ぼす新たな大統領補佐官にも注目が集まっています。そこで、今回はマクマスター中将の経歴や個性について、ざっと紹介したいと思います。


指揮官として

マクマスター中将のキャリアの中で著名なのは、1991年の湾岸戦争での「73イースティングの戦い」と呼ばれる戦いでの活躍です。マクマスター大尉(当時)は、自身が搭乗するM1A1戦車、愛称"マッド・マックス"を始めとした戦車9両を中核とするイーグル(E)騎兵中隊を率いて、イラクの精鋭部隊である共和国親衛隊のT-72戦車を有する4倍の勢力を持つ敵部隊に一方的な勝利を収めます。この勝利は「湾岸戦争で最も劇的な勝利」と呼ばれ、マクマスター大尉が頭角を表すきっかけになります。

マクマスター大尉が搭乗・率いたM1A1エイブラムス戦車。残念なことにV8ではない
このような輝かしい戦車戦の戦果を持つ一方で、2005年には第3機甲騎兵連隊長として、イラク北部の都市タル・アファールの治安を安定化した功績を挙げるなど、通常戦闘一辺倒ではない軍人である事が窺えます。しかし、このような功績を挙げても准将への昇進を2年連続で将官で構成される委員会に拒否されるなど不遇が続きましたが、"学者戦士"として知られるディビット・ペトレイアス大将(オバマ政権時にはCIA長官)が委員長になると昇進を果たし、将官となります。


物言う軍人

治安戦について高い学識を持つペトレイアス退役大将と同じく、マクマスター中将も"学者戦士"と呼ばれ、軍にいながら積極的な著述活動も行っています。特に知られている1997年に発表した著書"Dereliction of Duty"(責任放棄)では、ベトナム戦争におけるアメリカの戦争指導を分析し、統合参謀本部がアメリカ政府首脳部の誤りを分かっていながら、それに迎合して率直に意見を述べる事を怠ったことが、ベトナム戦争の敗北に繋がったと批判しています。このマクマスター中将の主張に対しては異論も多いものの、軍人として政府に「率直に物を言う」姿勢が明確に現れています。

また、ブッシュ政権のラムズフェルド国防長官の時代に顕著だった、アメリカ軍のテクノロジー傾倒について批判的なのも特徴です。テクノロジーを単に否定するのではなく、軍事における不確実性を表す「戦場の霧」をテクノロジーが解消するという議論について、テクノロジーにより「戦場の霧」が減少したことは認めつつも、イラク戦争を例に出し、戦争の本質としての不確実性は消滅していないと主張しています。また、大のPowerPoint嫌いなことも知られています。(同様にマティス国防長官もPowerPoint嫌い)

このような自らも主張する軍人足らんとするマクマスター中将ですが、自著の主張を実践するなら、政権と意見を異にした場合は「物を言う」立場になるでしょう。その場合、トランプ大統領らと衝突することになるかもしれません。

トランプ政権に多く物を言い、安全保障政策の修正する役割を果たすのか(ただし、マクマスター中将の方針が正しいかは別)、あるいは相容れず去ってしまうのか、それとも様々な制約から「物言わぬ軍人」になってしまうのか。マクマスター中将が今後も目の離せない人物なのは間違いないでしょう。


【参考】

河津幸英 「湾岸戦争大戦車戦(下) (史上最大にして最後の機甲戦)」イカロス出版
調査研究報告書『平和構築と国益 豪日協力モデルによる挑戦』特定非営利活動法人・国際変動研究所
菊地茂雄 「「イラクの自由」作戦の米軍のトランスフォーメーションに対する影響」防衛省防衛研究所
菊地茂雄「「アドバイザー」としての軍人」防衛省防衛研究所